食ブログではない

のだが、完全に車の事は放置状態である。

昨夜は初鹿を頂いた。

肝は刺身。
 こりこりサクサクとした食感。
 ゴマ油と葱と塩で頂く。

 なんせ獲りたてである。
 たんぱく質の熟成も何もあったものでは無く、甘みは無いが
 新鮮な食感はやはりすばらしい。

ハツも刺身。
  こりこりサクサクとした食感。
  美味である。
  塩・胡椒で刺身が一番であった。

ロースも刺身。
  塩と生姜醤油で頂く。
  
   ロースはあまりにも新鮮すぎて味わいが乏しく感じた。
   かるく炙ってタタキにしたら・・・・と思う。


尚、あくまでも、このブログは「旧車偏愛」であって、「くいしんぼう万歳」では無い事を
お断りしておく。
[PR]
by zingbay | 2006-11-26 13:14 | 日々雑記
<< 高松である 雉 >>