ネズミ大根・・・

なるものを食した。

握り拳大の胴体(?)に尻尾がちょろん~と出ている。
なるほど、鼠である。

摩り下ろし、乾麺をゆがいたものに出汁を張り、ぶっ掛けにして食す。

大根の辛い味なんだが、直ぐに消える。
これは旨い。

青首の辛い大根だと、辛さが何時までも続く。
蕎麦出汁とあわせるには辛い(これは"つらい”である)時が多いが
辛味が直ぐ消えてゆき、舌の細胞が死滅する感覚が無い。

結構気に入ったので、残った大根おろしをご飯に掛け、ジャコを掛けて
醤油を垂らしてかっこむ。

美味である。
by zingbay | 2005-11-14 18:26 | 酒・・・・
<< 冬の猟、解禁である 娘に携帯・・・ >>