人気ブログランキング |

15mmの誘惑

…という事で、Voigtlaender SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5である。
水平画角が110度。これまで使った事が無い画角だ。
で、M9-PとR-D1で撮影してみた。

写真は全てRAWからのストレート現像として、補正は行っていない。
ホワイトバランスも撮影時設定のままとした。

これがM9-P。15㎜の画
c0037290_10133731.jpg

周辺光量落ちは思ったほどではない。
コントラストはiidacameraさんが仰っていた様にパッキパキである。これは楽しい。

撮影時には写ると思って居なかった足元の草や、頭上の枝が写り込んでいる。

で、これがR-D1。24㎜の画
c0037290_10165997.jpg

先ほどのM9-Pでの撮影から5分も経っていない筈だが、風が強い日だったので雲が流れて
違う印象になっている。
でも、このカメラで撮ると何故か優しい色味に感じる。

う~ん、こうなるとUWH12㎜も気になるぞ…

これは別のレンズでのR-D1。
最近、検索ワードでビオゴンを指定して来られる方が多い様なので、ビオゴン2/35mmで撮影したものを上げてみる事にした。
c0037290_102195.jpg

手ブレ覚悟の1/15sec。
でもやっぱりブレていると少し悲しい。

場所は鶏鳴の滝。
もっとも私の撮り方だと、どこで撮影したのかは意味が無いのだけれど。

さて、年末までもう少し。
少しは正月休みも欲しいんだけど、今年も無理かな…
by zingbay | 2013-12-24 10:25 | さてと
<< EPSON Photolier Mマウント >>