今さら何故古いカメラを買ったのか

迷走と一言で済ませるのもなんだし、自分の気持ちを整理しておこうと思う。

最新鋭の機器は実に素晴らしい。
ISO感度は万を超え、10万のオーダに届こうとしている。
それだけ感度が高ければ、夜間で手持ち撮影すら可能だ。
ノイズリダクションも優秀で、ISO6400位ならば普通に見る事すら出来る。

AFもまた優秀で、フォーカスボタンを押した一瞬後には合焦し撮影が可能になる。
ファインダ一杯にAFポイントが並ぶ様は圧巻で、どの様な条件においても撮影が可能だという安心感がある。
静物に対してのモード、動的に対するモードも備わり、連続撮影中であっても合焦し続け、陸上競技の100m走のスタートからゴールまでを連射し続ける事も可能だ。

3000万画素を超える画素数は精緻な描写を可能とし、風景撮影後の写真で、葉っぱの一枚を識別可能なレベルにまで解像してしまう。

うん、確かに素晴らしい。

じゃあ古いカメラではダメなのか?
野鳥撮影に使うカメラは別だけど、普段撮る写真であれば…

・画素数は610万画素。
 実はこのサイズでも、A4までのプリントやブログでの鑑賞であれば充分である。

・ISOは200スタートで6400まで。
 6400…使わんて。明るいレンズを使っても撮れない状況でシャッターを押す事は無い。
 フィルムと同じ感度が使えたら充分である。できたら50欲しいけど。

・連射
 連射しないから関係ない。

・AF
 有っても無くてもどちらでも。最後はマニュアルで合わせるから関係ない。

・露出補正やらなんやら。
 マニュアル撮影するから関係ない。

カメラに求める要求仕様が単純になると、機器も単純で良いのだ。

更に良い点としては
・R-D1はシャッターチャージレバーによるチャージが必要。
 それを巻き上げる動作が、撮影しようという意識と連動していて心地よい。

・Mマウント互換であるという事
 豊富なレンズが使え、メイン機の一台であるM9-Pのサブとして使える。
 APSCのバイアスが掛かるけど、超々広角を使ったり、標準レンズを望遠として
 使ったり、そこは考えようだ。M4/3だと、考える余地すら無くなるけど。

のんびりこのカメラと付き合って行こうと思う。
c0037290_12155346.jpg

EPSON R-D1X With Carl Zeiss ZM Biogon 2/35
[PR]
by zingbay | 2013-11-19 12:16 | 写真
<< 目が、目が見えんのじゃ R-D1xその後 >>