Mマウント

メイン機として使っているM9-Pに、R-D1Xを追加して撮影している。
Mマウント機としてはBESSA R2Mも使っているが、これはまあフィルム機だから別として。

組み合わせるレンズとしては、28mm、35mm、50mm、75mmであるが、やはり75mmの出動回数が極めて少ない。
画角の問題では無く、これは75㎜のピント合わせが難しい為である。
世の中には私の様な下手くそばかりでは無く、90mmをレンジファインダーで合わせる方も多数居られるが、私にとっては紙の様に薄い被写界深度を小さい二重像で合わせるのは至難の技である。
(視力には自信があるのだけれども)

で、今回R-D1Xを導入したのだが、ネット上の情報が少し錯綜していて、画角が1.53倍になるという説と1.3倍になるという説が混在している。APS-Cなのか、APS-Hなのかの違いなのだが、撮影してみた結果では1.53倍が正しいようだ。

手持ちのレンズを換算してみると、この様になる。
28mm: 43mm
35mm: 54mm
50mm: 77mm
75mm:115mm 
で、考えてみるとやはり広角側が足りない。

やはり28か、24、21辺りが欲しいのだが、1.53縛りがあるので逆算すると
18mm:28mm
15mm:24mm
13mm:21mm
となる。

で、Mマウントレンズで20㎜以下の超広角レンズとなると
18mmの部
LEICA SUPER-ELMAR-M f3.8/18mm APSH.になるんだが、お値段なんと\357,000也。

15mmの部
・Voigtlaender SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical
・Carl Zeiss DISTAGON T* 2/8/15 ZM
辺りかなと。あ、シネレンズとかヤヤコシイ世界には入りませんので。距離計連動が前提っす。

で気になるお値段は… \53,300 VS \366,800。うん、コシナの圧勝


12mmの部
Voigtlaender ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Asphericalだな。お値段\77,800也。

変態レンズとしては、LEICA TRI-ELMAR-M f4/16-18-21 APSH.
お値段なんと\724,500。まあ3本分だと思えば…思えるかぁ!

やっぱりSWH15mmになるのかなぁと思う賞与支給日前日である。

どうせ全額無くなって、更に支出が待っているのであるが。
白昼夢くらい見させてくれぃ…





あ、これは先々週の万博公園かも知れん…
c0037290_11255181.jpg


伊勢神宮まで行く必要があったのか
c0037290_11252580.jpg


伊勢神宮という事を一切感じさせない写真を撮るために
c0037290_11254176.jpg


伊勢神宮に行くという行為に意味があったのか
c0037290_11262373.jpg


もはや撮影者にも判らない。

でも、素敵な色味の写真が撮れた。
[PR]
by zingbay | 2013-12-12 11:29 | 写真
<< 15mmの誘惑 また東京へ >>