ハッセルブラッド503c/x その2

現像が上がったとの連絡を受けて見に行った。
お、写ってるじゃん!って思いながら眺めていると、
「機械の調子が悪くて、デジタル化できない。外注に出せば出来るが、また一週間掛かる。」との事。

がっかりだ。

中判ポジの仕上がりは素人目にも中々良く、いい感じだな~と、最初は思った。
でも、これ、135版のポジと比べてどうなんだろうと。

・確かにフィルム面積は広い。ライトボックスで鑑賞して自己満足に浸る分には最高なんだが。

・受光面積が広い分、ラチチュードには余裕が出るんだろうけど、そもそもポジで撮っている
 ので、ラチが広いからといって恩恵を受ける訳では無い。
・立体感も、135版のカメラでハイスピードレンズを使えば同じような仕上がりになると思う。
・ファインダーを覗く快感はあるんだけど、少し遠景だとピンを合わせるのが至難の技になる。

う~ん、僕の使い方だと、135版の一眼レフで充分なのかな?と考えてしまった。

どうしようかな。とりあえず、来週金曜日のラボ上がりを待とう。

初めてのワープ状態だ。まさか三週引っ張るとは思わなかった。
[PR]
by zingbay | 2013-10-18 13:03 | 写真
<< 逃避行その13 逃亡者は山へ消... 台風一過 >>