迷走中

市場にあふれるカメラ。その過半数はファインダーを搭載していない。
今どきの人は、小さい穴から覗きこんで写真を撮るなんて事は思いもしないのだろう。
だが、私はファインダーが無いとダメなのである。
(欲を言えば、巻き上げレバーも無いとダメなんだが)

野鳥を撮る時も、スナップを撮る時も、ポートレートを撮る時も、私の視線はファインダーを通して被写体を見る。
唯一の例外は、GRDⅳを使う時位だ。X1を使う時には、外付けの光学ファインダーを使うし。

さて、先日パナソニックのGX1を購入し、MマウントとFDレンズを愉しもうとしているが、どうもこれが思った程楽しくない。

原因は…外付けのビューファインダーにあると思ってる。
どうも、外付け感が…いや、まあ、外付けなんだから当たり前なんだけど。コンパクトに格納できないのが面倒臭い。荷物の小口数が増えるとそれだけで嫌になる。

ファインダーが内蔵されているかどうかが、そんなに大事な事なのか?

外付けファインダーのカメラなんて、これまでも沢山有ったじゃないか。

バルナック系に至っては、ファインダーそのものが装備されていない。

もしかして、写真を撮る為に本質的に必要なものでは無いのかも知れないけど、どうなんだろう。


とりあえず、そんな事を考えながら、ファインダーが内蔵されているGX7を買いました。
[PR]
by zingbay | 2013-10-16 20:53 | さてと
<< 台風一過 ハッセルブラッド 503C/X >>